世界文学会

Society of World Literature JAPAN

連続研究会

2017年度 連続研究会
『夏目漱石生誕150年によせて、「夏目漱石と世界文学」』

  • ■第1回発表要旨
  • 田中 実「近代日本小説における漱石…『夢十夜』を中心に」
    当日は日本の近代小説とはいかるものか、村上春樹の処女作『風の歌を聴け』は実は鷗外の処女作『舞姫』を継承し、日本の近代小説は当初から語ることの虚偽・背理を超えようとして出発したのでした。これを漱石の『夢十夜』の「第一夜」を皆さんと読みながら、死んだ「女」が「百年」後、「自分」に活きて逢いに来る、ここには二つの「現実」がパラレルに存在することをお話することになるかと思います。

    渡邊 澄子「世界文学としての漱石…ジェンダーを中心に」
    漱石は一四九年前の一八六七年生まれだが、主権在民・男女平等の憲法を持つ現在にあって少しも古びていないどころか、今なお先進性を発揮している類いない文学者である。彼は権力・金力を何よりも嫌った。たった四九年の痼疾の苦悩を抱えた生涯だったが、残されされた厖大な言説は奥が深く、読むほどに思索を迫られる。二五歳時に当時全く無視されていたホイットマンに着目し、その平等論への覚醒、親炙が漱石文学の礎石になっている。作家第一作の『吾輩は猫である』と最期の完成作『道草』は不思議にも見事に繋がっている。帝国憲法・教育勅語・明治民法の差別社会にあって人格形成されたにもかかわらず、漱石の近代的人権平等意識・感の獲得過程は感動の一語に尽きる。時間の都合上、『猫』と『道草』によって、表層的にならざるを得ないがジェンダーの視点から漱石を読んでみたい。

    石川 忠久「漱石の漢詩」
    漱石の漢詩はその生涯の軌跡と深く関わりつつ進化し、50年の人生で完結している。漱石は、武家ではないが、江戸(東京)に生まれ、佐幕派の雰囲気の中で育ち、明治の新しい制度の下で成長して、漢詩のリテラシーを身につけていく。そこで、伊予松山の儒者の家に育った子規と運命的に出会い、互いに切磋琢磨する。この辺りまでが第一段階。松山に赴任し,子規としばしの交友の後、結婚、熊本への赴任。4年の滞在中に漢詩人、長尾南山との交友などにより、ここで新しい世界が開ける。これまでが第二段階。二年の英国留学によって、漱石の心は大きく西へと傾く。帰国を前に子規の死。大学を 辞職し、小説の世界へ。10年の長い空白を経て、修善寺の大患、生死の境を迷い、ここで漢詩に目覚め、第三段階となる。五言絶句で自画自賛を楽しみ、『明暗』の執筆中に七言律詩の大群をものにして完結。

    ■第2回発表要旨

    山本 證「英文学と漱石」
    漱石は、1893年(明治26年)帝国大学英文科を卒業、松山や熊本で英語教師を務め、1900年(明治33年)文部省より英語教育法研究のため、英国留学を命じられた。ロンドン大学で英文学を聴講し、メレデイスやディケンズを読みふけった。2年余りのロンドン滞在中、4回滞在先を変えたが、最後の住居の向かいが「倫敦漱石記念館」である。ロンドンに滞在中、神経衰弱に悩まされながら、世紀の転換期における西欧文明の実相に驚嘆した。最大の文学的収穫は、ロンドン塔を訪れた時の感慨をまとめた随筆『倫敦塔』である。帰国後、1903年(明治6年)に東京帝大の講師となり、『吾輩は猫である』を発表、小説家の道を歩み始めた。

    ■第3回発表要旨

    「フランス文学と漱石」(荻野文隆)
    1900年、漱石が留学のためイギリスに到着したころのヨーロッパは、二つの相反する動きに押し流されていました。ひとつは植民地獲得を競い合う帝国主義の絶頂期であり、10数年後には第1次大戦へと突入していく状況にあったことです。そして、1849年、ヴィクトル・ユゴーが「ヨーロッパ合衆国」で提示したヴィジョンに見られるように、ヨーロッパ列強の繁栄と平和の模索の動きがあったことです。しかしこの和解と繁栄の提案は、同時にヨーロッパがアフリカなどを植民地とし、文明をもたらすことによって実現されるとするものでした。漱石がロンドンの街中の鏡に映る自分の姿を大変みすぼらしいと感じたのは、そのユゴーの提案から半世紀を経た時代だったのです。漱石はこの時代をどのように生きたのか、そしてそれは当時のフランス文学の歴史性とどのように係わるものだったのかを、漱石とほぼ同年代の作家であるフランスのロマン・ロラン、ドイツのハインリッヒ・マンらとの比較を通して見てみたいと思います。

    ■第4回発表要旨

    「ロシア文学と漱石」(大木昭男)
    漱石は二年間の英国留学中(1900年10月~1902年12月)に西洋の書物を沢山購入して、幅広く文学研究に従事しておりました。本来は英文学者なので、蔵書目録を見ると英米文学の書物が大半ですが、ロシア文学(英訳本のほか、若干の独訳本と仏訳本)もかなり含まれております。ここでは、大正五年(1916年)の漱石の日記断片に記されている謎めいた言葉─「○Life 露西亜の小説を読んで自分と同じ事が書いてあるのに驚く。さうして只クリチカルの瞬間にうまく逃れたと逃れないとの相違である、といふ筋」という文言にある「露西亜の小説」とは一体何であったのかに焦点を当てて、漱石晩年の未完の大作『明暗』とトルストイの長編『アンナ・カレーニナ』とを比較考量してみたいと思います。

    「夏目漱石と正岡子規の交友と作品の深まり」(高橋誠一郎)
    子規の短編「飯待つ間」と漱石の『吾輩は猫である』との比較を中心に、二人の交友と作品の深まりを次の順序で考察する。
    1,子規の退寮事件と「不敬事件」
    2,『三四郎』に記された憲法の発布と森文部大臣暗殺
    3,子規の新聞『日本』入社と夏目漱石
    4,子規の日清戦争従軍と反戦的新体詩
    5,新聞『小日本』に掲載された北村透谷の追悼文と子規と島崎藤村の会見
    6,ロンドンから漱石が知らせたトルストイ破門の記事と英国の新聞論
    7、『吾輩は猫である』における苦沙弥先生の新体詩と日本版『イワンの馬鹿』
    8、新聞『日本』への内田魯庵訳『復活』訳の連載
    9、藤村が『破戒』で描いた学校行事での「教育勅語」朗読の場面
    結語 「教育勅語」問題の現代性と子規と漱石の文学

    世界文学会では、統一テーマのもと、12月から翌年の7月にかけて連続研究会を4回行っています。ご関心のある方は、会員外の方でもどうぞご自由にご参加ください。参加費は無料です。

    ※開催場所はいずれも中央大学駿河台記念会館 (千代田区神田駿河台3-11-5 TEL 03-3292-3111)

    JR中央・総武線
    御茶ノ水駅下車、徒歩3分
    東京メトロ丸ノ内線
    御茶ノ水駅下車、徒歩6分
    東京メトロ千代田線
    新御茶ノ水駅下車(B1出口)、徒歩3分
    都営地下鉄新宿線
    小川町駅下車(B5出口)、徒歩5分

    中央大学駿河台記念館地図

    TOP